忍者ブログ

子供の集中力・やる気を引き出す方法『自律神経安定の学力向上プログラム』

子供の集中力・やる気を引き出す方法『自律神経安定の学力向上プログラム』

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一般知能試験(数的推理・判断推理)・公務員・SPI・就職試験短期合格講座

一般知能試験(数的推理・判断推理)・公務員・SPI・就職試験短期合格講座


公式ページはこちら


公務員試験では数的推理が
合否の鍵を握っているといっても過言ではありません。

しかし、殆どの受験生がこの数的推理を苦手としています。

合格するためには最低でも
50パーセントくらい正解する必要があるにもかかわらず
なかなかそこまで到達できないのが実情です。

では、なぜ「数的推理」「判断推理」が苦手なのでしょうか。

それは勉強のやり方に原因があるのです。

殆どの受験生はただ過去問等の問題をたくさんこなし、
わからない問題では解説を丸暗記しているからです。

なぜそう解くのかわからず解答を丸暗記すると、
一度やったことのある問題は次も解くことが出来ますが、
すこし条件がかわるともう解けない、ということになってしまいます。

すると、それをまた丸暗記して覚える、
でもまた新しい問題をするとまた解けない、これが悪の連鎖です。

受験生で問題集を何度も繰り返して学習し、
完璧に解けるようになっていても、
いざ、模擬試験を行うと思うように得点できないという人がかなりいます。

努力が足りないわけでも、頭が悪いわけでもないのです。

学習・勉強の仕方に問題があるのです。

それでは、どうすればよいのでしょうか?

言葉で説明するのはそう簡単ではありませんが、概略を説明してみます。

1.まず、数的推理ではどのような問題が出題されるのかを覚えます。

2.次にそれぞれの問題をどのように解いていくのかを覚えます。
同じように見える問題でも解き方が変わることがあるので注意が必要です。

そうすることによって、問題を解くときに、
この問題は何の問題なのかがわかるようになります。

3.問題の種類とその解き方を覚えたら、
次は問題を解くときにその問題が何の問題なのかを判断します。

判断できたらその問題の解き方に従って解いていくだけです。

それをどのように 解くかを考えることになり、
その場その場で考えて問題を解くことができるようになります。

覚えておくのは問題の解答ではなく、問題の種類、解き方、考え方なのです。

リコーダ学習法をいち早く身につけ
公務員・SPI(就職)試験に一日でも早く合格できるよう頑張ってください。

公式ページはこちら



中村一樹の資格試験に合格する「平成の資格王」の勉強法

山口式宅建試験合格勉強法 山口貴志 独学 合格法 口コミ

子供の集中力・やる気を引き出す方法『自律神経安定の学力向上プログラム』
PR
PR
" dc:identifier="http://qh5a2cn2o.anime-report.com/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%9F%A5%E8%83%BD%E8%A9%A6%E9%A8%93%EF%BC%88%E6%95%B0%E7%9A%84%E6%8E%A8%E7%90%86%E3%83%BB%E5%88%A4%E6%96%AD%E6%8E%A8%E7%90%86%EF%BC%89%E3%83%BB%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E3%83%BBspi%E3%83%BB%E5%B0%B1%E8%81%B7%E8%A9%A6%E9%A8%93%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%90%88%E6%A0%BC%E8%AC%9B%E5%BA%A7" /> -->

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R